うつ病などの精神疾患になった時、お医者さんに診てもらうことになります。しかし、風邪のように一度診てもらってお薬もらって終わりとならないのが精神疾患の特徴です。多くのケースが継続的に通院することになります。この通院にかかる費用を安くする方法があります。それが自立支援医療制度です。

どのような制度か厚生労働省のHPから抜粋して紹介します。

何らかの精神疾患により、通院による治療を続ける必要がある程度の状態の方が対象となります。
対象となるのは全ての精神疾患で、次のようなものが含まれます。

  • 統合失調症
  • うつ病、躁うつ病などの気分障害
  • 不安障害
  • 薬物などの精神作用物質による急性中毒又はその依存症
  • 知的障害
  • 強迫性人格障害など「精神病質」
  • てんかん

など

通院で精神疾患の治療を続ける方が対象になります。具体的に支援の上限がいくらになるかは世帯の所得状況によりますので詳しくは厚生労働省のHPでご確認ください。~医療費への助成、控除、生活支援など~

実はこの自立支援制度知らない方が多いんです。私のクライエントさんにこの制度の話をするとほとんどの方が知らなかったとおっしゃいます。継続的な通院の場合、一回一回は大きな金額ではないですが、通算してみると結構な額になることが多いと思います。

この制度を利用されたい方は市町村の窓口にご相談ください。その時に必要な書類や診断書のフォーマットをもらえます。そして、その書類への記入と診断書をもって市町村窓口に申請をしてください。

精神疾患にかかった場合いろいろな不安があると思いますので、この制度を利用して少しでも負担を減らして欲しいと思います。