メンタルヘルス

10〜20代でのメンタル不調が多い理由という記事を読んで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はこちらの記事を参照しながら私なりの感想を書いてみようと思います。

どうして若手社員に心の病が急増してるの?と思った時に読む話

メンタルトラブルを発症する従業員はどの年代に多いかという質問に対し「10~20代」と回答した企業が実に27.9%に達したとのこと。ちなみに2004年の調査では10~20代は10.4%ですから十数年で2倍以上という急激な増加ぶりです(当時トップは30代で49.3%。産業人メンタルヘルス白書より)。

若手の中でメンタル不調が増えているというのはとても悲しい話です。年齢に関係なくメンタル不調があること自体悲しい話なのですが、個人的に特に若手、伸び盛りの若手というところが悲しい印象を受けています。そう言えば私が人事にいた時も、休職をする方は20代から30代くらいの方がほとんどでした。今の時代で若手がメンタルを健康に維持することが難しい時代になっていると認識し直さないといけないわけで、自分が若い時は云々と年配者が懇々と説教をしても響かないと思います。

ただし、バブル期の若手にあって今の若手には無いモノもあります。それは「10年先はこうなり、20年先にはこうなっているだろう」というキャリアビジョンです。

人間というのは将来に明るいビジョンが見えている時には実力以上の力を発揮できます。逆に明るいビジョンが見えない場合には、実力未満の力しか出せないものです。

この記事の筆者は昔の若者にあって、今の若者にないものはキャリアビジョンであるとし、それがないゆえにメンタル不調が増えているとしています。私はそれだけではないだろうと思っていますが、確かにキャリアビジョンが見えないことの辛さというのも原因として考えられるだろうと思います。

カウンセリングをさせて頂いてきて多くのクライエントさんに共通する思いというか考えとして「苦しみに終わりが見えない」というのがあると私は感じています。苦しみも終わりが見えていればまだ踏ん張りようもあるけれど、それがエンドレスと感じられてしまう。これはとても苦しいものです。これと同じような経験をメンタル不調になった若手も感じているのではと思います。キャリアビジョンがなく、今やっている辛い仕事が今日も明日も明後日も続く、来年再来年も…そういう思いなのではないでしょうか。仮に辛い仕事じゃないとしても毎日同じような仕事が続くことはそこに自分の成長が感じられなければやはり精神衛生上健康でいられるのは難しいのではないでしょうか。

では一体どうしたら良いのか。一言で済ませられるほど簡単な話ではないと思いますが、今この記事を書きながら思ったのは、中小企業やベンチャーなどに就職をするというのも一つの手ではないかと思います。エビデンスは持っていませんが上記のようなキャリアビジョンが見えないというのは私は比較的大きい会社で起きているように思えます。世代交代という新陳代謝ができていないのです。世代交代が停滞しているからキャリアが頭打ちになっている。その点、中小企業では能力が認められるといろいろな仕事を任されることが期待できます。ただでさえ人材不足なわけですからできる人間は重宝されると思います。

ただ、仕事ができる人間には仕事がどんどん押し付けられていくという傾向があるのも日本の会社によくある話。その結果、今度は過重労働でメンタル不調になってしまう可能性もあります。本当に難しい話です…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのココロに寄り添うDearLifeのカウンセリング

カウンセリングルームDearLifeは働く人を中心にいろいろな悩み、問題を抱えている方の心をサポートするカウンセリングです。専門資格産業カウンセラーが安心安全のカウンセリングをご提供します。

カウンセリングルームDearLifeカウンセラー高井聡一郎

会社員時代は営業、技術、人事とさまざまな分野の領域を経験。人事の仕事の傍ら産業カウンセラーの資格を取得。現在放送大学で心理と教育のコースで心理学を専門に習得中。3人の子の親。

ご予約はこちらから