コラム

昨日は富士見市母子保健推進協議会さんでセミナーを行いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は富士見市の富士見市母子保健推進協議会の皆さんを対象に「一日でできる自分を知り相手を知るコミュニケーションセミナー」と題したセミナーを実施させて頂きました。富士見市母子保健推進協議会とは富士見市が行っている活動で、赤ちゃんが生まれる家庭に訪問しパパさんママさんが困っていることなどの相談に乗ってくれる母子保健推進員の方の集まりです。

会場では富士見市母子保健推進協議会の総会が行われていたので、そちらの話を聞かせて頂きました。そこで私が驚いたのは皆さんのヒアリング能力の高さ。グループに分かれて母子保健についての情報共有をされていたのですが、個別の事例を皆さん本当によく把握されておりました。聞いていた私はこの後に控えている私のセミナーがもしかしたら「釈迦に説法」になってしまうんじゃないかと思うくらいでした。

情報共有会が終わり、私の出番となりました。多少出だしは緊張してしまってましたが、みなさんが積極的に聞いていただけている姿勢を見てこちらも俄然やる気に。

セミナー風景

セミナーの内容は前半は交流分析に基づくエゴグラムという心理テストを用いて自分のコミュニケーションスタイルを知ってもらうワークをしました。ロールシャッハやバウムテストのように実施が難しいテストと比較してこのエゴグラムは簡単に実施できるところが特徴です。なのでこのセミナーで取り上げました。テストが終わってから隣どうして出来上がったエゴグラムを見せあってもらいました。他の人のエゴグラムを見るというのはなかなか日常生活では体験できないことなのでかなり盛り上がってくださいました。

そして、セミナー後半。ここからは傾聴についてお話をさせてもらいました。傾聴はカウンセリングの基本の基本なのですが、カウンセリングだからといって何か特殊な能力がないとできないわけではありません。ちょっとコツを掴むと日常生活でも使用できますし、母子訪問でパパさんママさんのヒアリングにも使うことができると思い紹介をさせて頂きました。簡単に傾聴の話をした後は推進員の皆さんに傾聴のロールプレイをしてもらいました。ここの狙いは話を聞いてくれるってとても気持ちのよいことなんだとということを知っていただくこと、そして傾聴をすることでより深いヒアリングができることを知っていただくことでした。5分程度のロールプレイでしたがとても盛り上がりやってよかったなと思いました。

小一時間程度のセミナーだったのですがアンケートにもポジティブな感想をいただけてホッと胸をなでおろしています。このセミナーが富士見市の母子保健の向上に役立てることを心から祈っています。

カウンセリングルームDearLifeでは企業様団体様向けのセミナーを行っています。ご興味がある方はご連絡ください。詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのココロに寄り添うDearLifeのカウンセリング

カウンセリングルームDearLifeは働く人を中心にいろいろな悩み、問題を抱えている方の心をサポートするカウンセリングです。専門資格産業カウンセラーが安心安全のカウンセリングをご提供します。

カウンセリングルームDearLifeカウンセラー高井聡一郎

会社員時代は営業、技術、人事とさまざまな分野の領域を経験。人事の仕事の傍ら産業カウンセラーの資格を取得。現在放送大学で心理と教育のコースで心理学を専門に習得中。3人の子の親。

ご予約はこちらから