コラム

人前で話すのが苦手な方に教えたい人前で緊張しない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の木曜日にとある団体さんに向けて私がセミナーを開催することになっています。50名弱の方が集まるということで今から張り切っています。良いセミナーだったと思っていただけるよう頑張ろうと思います。

さて、セミナーということで人前でお話をさせていただくわけですが、この「人前で話す」ということが苦手だなぁという方いませんか。緊張する、頭が真っ白になってしまうなどなど人前に立って話をするということは難しいことなのかもしれません。

実は私も人前で話すのは得意な方ではありませんでした。初めて人前で話をしたのは、会社員時代の頃新卒採用の会社説明会で司会をした時でした。一応カンペを用意して自分なりに万全の準備をしたものの、いざスタートなるととても緊張しました。持ち時間はなんと2時間。結構長い時間ですね。しかし、初めての説明会では緊張して早口になってしまい予定より30分も早く終わってしまいました。学生さんにとっては早く終わるのは良いことなのかもしれませんが、会社の良さを伝えきれたかというとあまり自信はありませんでした。

それから、何度も何度も説明会の司会として人前で話すようになったのですが、段々と人前で話す時に失敗しない、緊張を減らす方法を自分なりに編み出していました。それがこちらです。

  1. 意識してゆっくりと話す
  2. 参加者は話を興味を持って聞いていると自分に思い込ませる

この2点を抑えておくと結構いい感じに話ができました。まずゆっくり話すというのは前述した早口になってしまわないようにという反省に加え、ゆっくり話すと相手にも話が伝わりやすいということ、こちらも落ち着いて話すことができるというメリットがあります。

次にこれはかなり大事なのですが、聞き手は自分の話をとても興味深く聞いてくれていると自分に思い込ませることです。人前で話す時に緊張してしまうのは、聞き手が「つまんないな」「話が下手だな」などと自分に対してネガティブな印象を持っているのではないだろうかと思ってしまうことから発生します。しかし、実際はどうかは聞いてみないとわかりません。なので、自分の話が面白くないと思ってしまうより、今聞き手は自分の話が面白いので聞きたくて聞きたくてしょうがない、そういう自分に対してポジティブな印象を持ってくれているにちがいないと思い込ませることです。これは意外と効きます。

この2つを意識してからは私は人前で話す時に極度に緊張することはなくなりました。是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのココロに寄り添うDearLifeのカウンセリング

カウンセリングルームDearLifeは働く人を中心にいろいろな悩み、問題を抱えている方の心をサポートするカウンセリングです。専門資格産業カウンセラーが安心安全のカウンセリングをご提供します。

カウンセリングルームDearLifeカウンセラー高井聡一郎

会社員時代は営業、技術、人事とさまざまな分野の領域を経験。人事の仕事の傍ら産業カウンセラーの資格を取得。現在放送大学で心理と教育のコースで心理学を専門に習得中。3人の子の親。

ご予約はこちらから