放送大学

今年度放送大学の前期を振りかえってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月30日に私の受講している単位認定試験は終了しました。あとは結果が出るのを待つのみという状態です。

受講開始から受験まで印刷教材を手放さない日はありませんでしたが、試験が終わると「あぁもう持ち歩かなくて良いんだ」というちょっと心にぽっかりと穴が開いた気分になります。それだけ受講中の時は自分で自分にプレッシャーを与え、そして試験そのものも私にプレッシャーを与えていたんだなと思います。

そのぽっかり開いた穴を埋める意味でも、本年度前期のことを振り返ってみようと思います。

前期当初は何を受講するかで悩むのが楽しい

シラバスで今期何を受験するかの物色をするのですが、恐らくこれは放送大学の学生であれば一番楽しい時期なのではないでしょうか。こういう言い方が許されるかどうか分かりませんが、通信販売のカタログを見ている気分に近いと思います。金銭的な制限や、仕事や私生活の両立の問題もありますが、ぱらぱらとシラバスを通信販売のカタログを見るようにあれもいいな、これもいいなと考えるのはとても楽しいものでした。

印刷教材が届くとすぐに読み始めていた

受講する科目を決めて申請したら、印刷教材が届きます。その印刷教材を見て思ったより分厚いなぁとか薄いなぁと思いながらも、早速読み始めていました。読んだところでわからないところが多いのですが、その部分は授業でわかるようになると思うと、授業を受けてわかるようになって、それで自分が成長するんだと思うとこれも嬉しいものでした。

PTAの委員長になってしまう

履修申し込みをしたときは想像もしていなかったPTAの件。履修したときは自分のキャパシティを考慮に入れながらこれくらいならなんとか勉強しきることができるだろうと思って申請するのですが、そのあとにこのPTAの委員長の話が来ました。なったからにはやるしかないのですが、思った以上に時間や手間をとられたと思ってます。この頃くらいから放送大学の勉強時間が削られ、勉強の進捗に不安を感じるようになってきました。

通信課題を焦って提出し残念な結果を受ける

受講期間のちょうど半ばくらいに放送大学では通信指導があります。その課題を提出しないと単位認定試験は受けられません。PTAのイベントの時期と提出期間がやや被っていたので、早めに出したのが裏目になってしまいました。もっと落ち着いてギリギリでも良いからきちんと理解してから出せばよいものを、忙しくなるからさっさと出してしまったため、いくつかの間違いが出てしまいました。自分ではちゃんと調べたつもりだったのですが、あせる気持ちに負けてしまい、それが結果になって出てしまいました。

心理学概論と比較行動学と交通心理学

勉強が進むにつれてこの3つが今期力を入れないとまずい講義だと認識し出しました。心理学概論は概論だから割りと簡単かもと思っていたら、過去問回答では厳しい結果に。比較行動学は理論はなんとか理解できたのですが、それを裏付ける実験内容まではあまたに入りきれませんでした。交通心理学は面白い授業と思う反面、リスクとハザードの違いであったり、年齢別の交通参加者の特徴などを押さえるのが割りと大変だと思うようになりました。

試験前は印刷教材を読み飽きるくらい読む

PTAのイベントやいろんな雑務が片付いてきて、あんなにぶーぶー言いながらやっていたPTA業務も慣れ始めた頃に、単位認定試験に向けての勉強を始めました。過去問にチャレンジして自分の理解度のダメさ加減にがっくりしていました。また、心理学概論が印刷教材より放送授業からの出題が多くなることに気がつき、全15回を改めて見直しました。そして印刷教材は何度も読み返していたため、試験前日には見るのも嫌になるくらいになってしまいました。これだけ勉強をしてもまだ安心はできませんでした。過去問が解けるようになっても、本試験で同じ問題が出るとは限らないからです。

試験期間中は家族の協力で勉強時間を確保

ありがたいことに試験期間中は家族の協力を得て勉強する時間をとることができました。PTAの業務も夏休み前にやることは済んでいたのでこちらに時間を割かれることもありませんでした。試験に挑むときの自分の自信度は半々くらいでした。なんとも落ち着かない毎日だったと思います。そんなときに放送大学のバーチャルキャンパスに投稿することで、皆さんも同じように頑張っているのだと思うと自信がなくてもやれるだけやろうという気持ちになれました。

やはり5科目はきついかも

まとめとして今私が思っているのは5科目受験は私にとって厳しいということです。平日が5日あるわけだから一日一科目放送授業を受講すれば良いいやと思っていたのですが、科目の難しさの前にその目論みはあえなく崩れていきました。自分のペースで勉強できるのが放送大学の良いところなのだから、来期は無理のない程度で受講しようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加