放送大学

放送大学の通信指導、単位認定試験(マークシート限定)での私の解答方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうそろそろ放送大学の通信指導の提出期間が始まりますね。私はつい先日まで通信指導のことをすっかり忘れていて、急いでスケジュールに解答を提出する日を書き込みました。

ご存じない方もいらっしゃるかと思いますので説明をしますと、放送大学は各科目に対し、受講期間半ばくらいに通信指導があります。その時点までの授業の理解度を計るためのテストだと思っていただければ良いと思います。これが割りと難しいのと、とてもよい復習になるんです。テストと書きましたが自宅で解答できるためテキストは閲覧しながら解答できます。一応はそのテストは紙で送られてきますが、webで解答することも可能です。webで解答すると一瞬で何問正解かがわかる仕組みになってます。

通信指導は1回目は紙に解答を書いてからwebで送る

テキストを見ながらで大丈夫とは言うものの、そんな簡単に答えられる質問はあまりありません。ですので、いきなりwebで解答を送信してしまうのではなくて、手元にある紙の回答用紙にまずは解答を書いておきます。それで何度もテキストを照らし合わせてから、webで解答を送信します。一度焦っていきなりwebで送信したらケアレスミスがあったりして悔しい思いをしたのでこの方法をとっています。

単位認定試験は問題用紙に解答を書いてからマークシートに清書

放送大学の単位認定試験には記述式、マークシート式、それと両方が混在した形式があります。そのなかでマークシート式について私の解答方法をご紹介します。それは実は単位認定試験と同じなのですが、いきなり回答用紙にマークをしないことです。一旦問題用紙に解答をチェックしてみてみる。そして見直してみて間違っていたらチェックし直す。そのチェックが終わったら初めてマークシートに丁寧にチェックをしていきます。とても手間がかかるやり方なのですが、メリットはマークシートのチェックを綺麗に書けることです。せっかく答えはあっていたのにチェックが汚くて不正解になるのはとても嫌なものです。

正しい答えを選べなのか、誤った答えを選べなのか

設問にはこの2種類があります。私は設問を読むときに、この部分を必ず丸をして解答します。どちらを答える設問なのか、選択肢を見ているとたまにわからなくなることがあります。そんな時に丸をして、選択肢には「ここが違うから正解」とか「ここが間違っているから正解じゃない」というふうにその「ここ」の部分も丸にしています。そうすると後で見直すときが楽です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩みの具体的な解決方法が見つかるDearLifeのカウンセリング

DearLifeでは短期療法(ブリーフセラピー)、SFA(ソリューション・フォーカスト・アプローチ)を主に行っています。これは単に話を聞くだけだった従来のカウンセリングに、クライエントの抱える課題、問題について解決方法を導き出すプロセスを加えたカウンセリング手法です。この手法によって多くのクライエントから「自分が何をしたら良いかわかった」「今できることが見つかった」など大変好評を頂いております。ぜひお試しください。

カウンセリングルームDearLifeカウンセラー高井聡一郎

会社員時代には営業、技術、人事とさまざまな分野の領域を経験。人事の仕事の傍ら産業カウンセラーの資格を取得。2013年の独立後、数百回以上の臨床面接を行った実績を持つ。現在放送大学で心理と教育のコースで心理学を専門に習得中。3人の子の親。

ご予約はこちらから