ときどき日記

からだの健康を維持するための習慣を始めました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、身体だけじゃなくて精神の健康も大事だよねという投稿をしました。病は気からというわけじゃありませんが、心が重いと仕事のパフォーマンスも落ちがち。心の健康を意識した生活をしたいものです。

さて、その健康についてですが、当然身体の健康も大事なわけでそのための取り組みをしないといけないと思っていました。そこで、今日は私が最近始めた身体の健康への取り組みを書いてみようと思います。

酒を飲まない

私は元々大酒のみです。学生の頃からビールと焼酎、ウィスキーにワイン、日本酒と何でも飲みましたし、しかも毎日飲んでいました。その習慣は社会人になってもなくならず、夜遅く帰ってきても飲酒は欠かさなかったです。なぜそんなに飲んでいたのかを振り返ってみたところ、恐らく仕事のストレス解消と寝るためだったと思います。飲むと眠くなるんです。でも、それって健康的な飲み方じゃないよねと反省し、3週間前くらいからビールは止めてノンアルコールビールに変えました。ノンアルコールビールって最初は発泡酒や第3のビールより高いイメージがありましたが、最近はAmazonでも安いのが売っています。それを飲むようにしています。

実際どのような効果があったかと言いますと、まず朝の気だるさがない、夜起きることがない、肝臓にいい(たぶん)。あとは、今までは夜飲酒をすると酔っているのでなにもする気がなくなってしまうのですが、アルコールが入っていないので夜も本を読んだり残った家事をしたりすることができました。

食べる量を減らす

減らしました、とここで書くくらいですから元々はかなり健啖でした。ラーメン二郎とか平気で行っていました。これも社会人の時についた習慣だと思うのですがストレス発散の一種だったのだろうと思います。それを止めて、ちょっと足りないくらいの量にしました。

これのよかったところは、食べ過ぎるとしばらく身動きがとれなくなるということがなくなり、からだが軽くなりました。私の見映えの悪いからだもこれでちょっとはましになるかな…。

運動を続けざるを得ない状況に追い込む

実はこれが一番継続が難しい問題でした。運動をするということです。運動音痴の私が自ら進んで運動をするというのは学生時代を除いてほとんどありませんでした。たまにランニングをするくらいでしたが、続いたためしはありません。

これじゃいけない、せっかくいろんな習慣を取り入れているんだから運動しないといけない状況に自分をおいてみようと思い、昨日からフィットネスクラブに申し込み、早速いってきました。

フィットネスクラブのメリットはいろいろあるのですが、私のなかで一番のメリットは、決して安くはないお金を払っている以上、そこで運動をして元を取ろうという動機が生まれることです。幸い私が申し込んだところは24時間営業のところですから空いた時間にフラッと行って運動することができます。

運動をするとやはり寝付きが違います。すっと寝ることができます。身体を動かすことで精神的なストレスが発散されているのがよくわかりました。

こんな習慣を始めた私ですがいつまで続くか。ぜひ温かい眼差しで見守っていただきたいと思います。

 

お問い合わせはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加